FXとスリッページについて

スリッページとは、FXにおいて、希望する売値、買値で注文を出したのに実際に約定したレートはそれより不利なレートだったといことがあり、これをスリッページといいます。為替相場は目まぐるしく動くので、同じレートで複数の注文が同時にはいった場合などに起こりやすいです。かつて、スリッページはストップオーダーにしか発生しなかったのは、相場の動く方向に追いかけていく注文のため、いくらになったらストップの売りを出すという注文では、トリガーしてから売りに行くので間に合わないからです。ネット取引が進歩して、レートフィードがミリ秒単位になってくると、環境はがらりと変わり、今では、投資家は画面上に10分の1秒単位で動くレートを見ることができ、本人がクリックした時のレートが正確に分からなくても、クリックした時のレートでストリ-ミングの注文がFX取引業者のサーバへと送信され、取引が成立します。

高収入 求人

うつ病 カウンセリング

翻訳会社

生演奏